~ 親日アジア諸國との國際的な連帯を目指す救國運動~

設立趣旨


 日本國民は戰後長らく、マスメディアや誤れる戰後の洗腦教育によつて、我が國を憎惡し我が國に弓を引く惡性なる「特定アジア三國」のみを恰も「アジアを代表する三國」であるかのやうに認識させられて來た。
テレビ番組の番組名や地方公共團體等が主催する催しに於て「アジア」を冠するものの多くは、其の特定アジアに因んだものであり、大抵の場合執拗なまでに「平和」を謳ふ。
然し奴らは、その平和を保つ方法として、我ら日本人に犯してもゐない罪を被せた上で、傲慢で無禮極まりない特定アジア三國に對して土下座して詫びる事や卑屈な態度を取る事を强要し、我らの父祖たちに唾を吐きかける事を奬めて來たのである。
その結果、特定アジア三國の増長は止まる事を知らず、疑念の餘地なく我が國に對して侵略の毒手を伸ばし、我ら國民に有形無形の壓力を絶へず行使し、言論を封殺し、「權利」と稱しつつ鴟梟の欲を恣に求めるに至つたのである。

 日教組や全教が推進して來た「平和教育」と云ふ名の「戰後敗北主義教育」は多くの無國籍人間を製造したが、其の弊害の最たるものは行き過ぎた個人主義=エゴイズムである。
其れゆゑに、其の放逸なる思潮を「自由」と呼び、國家の主權が侵されようが一顧だにしない者が量産され、國家主權をも金で賣り飛ばすやうな、文字通りの「國賊」「賣國奴」が大手を振つて罷り通る有樣が現出したのである。
此れを畸形國家と呼ぶのである。否、國家の體すら成してはゐないのだ。
其の大勢の無關心層も、特定アジアの増長が、自らに對してをも明白に害し得る程に及ぶに至つた爲か、漸く危機感を抱き始め、次第にナショナリズム的主張が市民權を得るやうにはなつて來た。
併し乍ら彼の勢力は未だ脆弱であり、近年は些か惰性に流されつつある感を受けざるを得ないのである。

 如何にして其の状況を脱するかと云ふ事と、斯樣な良識に目覺めつゝある國民に依る運動の進展の爲の方策を考へた時、次のやうな囘答が導き出される。
即、此れより興さねばならない運動は、新しい發想に基づくものであると同時に、傳統精神を内包させたるものであるべきなのであり、反日勢力が國際連帶をしてゐるやうに、國際的な運動への發展を期するものでなければならないと考へるのである。
我らは今こそ、親日アジアの兄弟達と强固なる連帶をするのでなければならないのである。

 

貳仟陸佰柒拾伍年  皐月吉日